アクティブ・ラーニングの事例紹介

 本校では、アクティブ・ラーニングを型にはまった授業方法・学習活動とは捉えていません。「主体的・対話的で深い学び」を実現するための多様な学びと位置付けています。「活動あって、学びなし」という状況に陥ることなく、 生徒の学力(資質・能力)向上を目指していきます。

<事例1>物理ワークショップ(2年生)

 本校の物理の授業では日常的にアクティブ・ラーニング型授業を行っています。ここでは2年生で行っている物理ワークショップの紹介をします。
 答えがひとつとは限らない(トランスサイエンス)科学と社会との関りについて、どのように探究していくのか、アクティブに学んできます。

物理ワークショップ(言語活動)の概要はこちらをご覧ください。(学習指導案)

(WS1)ガイダンス・放射線の基礎知識・資料配付 放射線の基礎知識を講義形式で学んだ後、イギリスの教科書(英文)を基礎資料として、グループ毎のテーマに沿って調べ学習を始めます。ファシリテータ・プレゼンタなどの役割分担を行い、個人ワークシートに自分の調べた内容を記録していきます。

(WS2)シンキングツール(KJ法)によるストーリー構築 個人で調べた事項をKJ法を用いてグルーピングしていくことで、自分のグループのプレゼンテーションのストーリーを構築します。調べた事実からさらに調査を深め、課題を明確化していきます。

(WS3)プレゼンテーション&ディスカッション1 グループごとに、寸劇風あり、テレビ講座風あり、様々な工夫を凝らしたプレゼンテーションを行います。あえてPCを使用せず、画用紙によるプレゼンテーションです。

(WS4) プレゼンテーション&ディスカッション2 プレゼンテーションの続きです。グループプレゼンテーションの後は、オーディエンスから厳しい質問が出され、活発な質疑応答が繰り広げられます。その後、グループから出られた「問いかけ」に対してグループディスカッションを経て、レポートに進むことになります。

<事例2>1学年宿泊研修でワールドカフェ

1学年4月に行われる宿泊研修で行われる学習に関する研修で、アクティブ・ラーニング型のグループワークを行っています。ここではその一例を紹介します。

(1) ワールドカフェ(World Café)

 ワールド・カフェ(World Café)とは、カフェのようにリラックスできる環境の中でテーマに集中した話し合いを重ねることにより、多様なアイディアを結びつけ、深い相互理解や新しい知識を生み出す会話の手法です。4人~6人という少人数でテーブルを囲んで話し合うこと、時折メンバーを交替し、模造紙にいたずら書きをしながら会話を進めていきます。

 出典:「ホールシステム・アプローチ」 香取一昭 日本経済新聞出版社(2011)

(2) 教科の学習

<数学>
 ・各自演習→解説→グループ考察(教え合い)を3セット
 ・どこが分からないか探り当て、友達に聞き、教え合い、理解を深めます。
 ・「分からないことは恥ずかしくない」「分からないことがあるから成長できる」を実感します。
<国語>
 ・KJ法やイメージマップなどの思考ツールを用いてグループディスカッションをしながら
  意見をまとめていく過程を学びます。

手を動かしながら(実験)図形の問題に取り組む          思考ツールを活用する