学校紹介

校訓

<北高訓>
       寛容・進取・良識
昭和25年、新しい学制と男女共学制度の中で出発した北高は、「古い庁立」の伝統の中でその長所美風を生かしていくことを基本方針とした。具体的には、「健康明朗で物事に対して実行力のあること」「意志強固で中正穏健な思想を養うこと」「高き知性を身につけ理想を養うこと」という自主的な北高精神であった。後に、第14代加藤重雄校長によって「寛容・進取・良識」にまとめられ今日に至っている。(昭和55年制定)

<学校教育目標>
相互敬愛の心と豊かな情操を養い、自由と正義を尊び、責任と規律を重んずる態度の育成に努める。
進取の気風を培い、心身を錬磨し、国際社会の担い手としての人格形成に努める。
真理を探り、高い知性と良識ある判断に基づく公民的教養の向上を図るとともに個性の伸長に努める。

校長挨拶

 皆さん、こんにちは。本校の第28代校長として一昨年着任しました大鐘秀峰(おおがねひでお)と申します。この度は本校のHPを閲覧してくださり、有難うございました。このHPをとおして本校への理解を深めてくだされば幸甚です。
 本校は、明治三五年に創立された北海道庁立高等女学校を前身とし、昭和二三年の北海道立札幌女子高等学校を経て、昭和二五年北海道札幌北高等学校として改称され、これまで45,000余名の卒業生を輩出し、本年創立114年を迎える伝統校です。本校に対する各方面からの期待は誠に大きく、地域から全道に至るまで広く信頼される学校づくりが本校の使命になっております。
 本校がこれまで長年にわたって、北海道及び日本社会に貢献し、各界で活躍する優れた人材を輩出してこられたのも、歴代の校長先生をはじめ、教育や子どもたちに対する教職員の熱い情熱、同窓生の母校愛、保護者、関係団体の方々の温かいご支援、ご協力の賜物であります。
 また、本校を取り巻く関係者の方々の教育に傾ける熱意も並々ならぬものがあり、本校の教育活動を有形無形の形でしっかりと下支えしてくださっていることも本校の教育を安定させる大きな要因になっております。
 本校の校訓である、『寛容 進取 良識』は、まさにそのような人々のまなざしの中で育まれる知性と感性を土台にして、たくましく生きる人材の育成を目指す普遍的な指針となってきました。この伝統に立って、知・徳・体のバランスのとれた、これからのグローバル社会、国際化社会で活躍できる人材の育成に努力していきたいと考えております。
 さて、今般、国の教育改革がめまぐるしく進行する中、本校では、それらの改革に即応するため、これまでの本校の遺産に立脚しながら、新しい教育の方向を構築していく取り組みを推進しております。その柱となるのは、入選(アドミッション)、教育課程(カリキュラム)、大学進学(ディプロマ)の3点からの改革です。
 具体的には、それぞれ、学力検査における英語及び数学の傾斜配点、アクティブ・ラーニング型授業の導入、大学入学後にも有効な学力の育成です。それらが統合された本校の教育活動をとおして、生徒一人一人に確固とした学力を培い、世界で活躍できるリーダーを育成するため、教職員一丸となって取り組んでまいります。
 今後とも本校の教育活動へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【本校の教育目標】

相互敬愛の心と豊かな情操を養い、自由と正義を尊び、責任と規律を重んずる態度
の育成に努める。
進取の気風を培い、心身を練磨し、国際社会の担い手としての人格形成に努める。
真理を探り、高い知性と良識ある判断に基づく公民的教養の向上を図るとともに個
性の伸長に努める。

 

在籍(平成28年4月現在)

  1学年 2学年 3学年 合計
クラス 24
男子 133 145 149 427
女子 188 174 165 527
合計 321 319 314 954

 

日課表(本校の授業は65分授業です)

登  校  8:25
S H R  8:30~ 8:40
第1校時  8:45~ 9:50
第2校時 10:00~11:05
第3校時 11:15~12:30
昼休み 12:30~13:05
予  鈴 13:00
第4校時 13:05~14:10
第5校時 14:20~15:25
S H R 15:25~15:30

教育課程

年間行事予定

学校評価

平成28年度学校評価(保護者)

平成28年度学校評価(教職員)

いじめ防止・対策基本方針

いじめ防止・対策基本方針